コンテンツ本文へスキップ
スマートフォンサイトはこちら

境内案内

コンテンツタイトル下地

境内案内図

下記の建物のアイコンをクリックすると、施設の詳細が表示されます。
境内イラストマップはこちら

本殿(ほんでん)

現在の御社殿は弘化4年(1847)御本殿の再建工事が始まり、明治7年(1874)拝殿の完成をもってなる複合社殿(権現造)。この御社殿は当社別当であった玉泉寺住職榮乗が心血を注ぎ途中明治維新の大激動の時代を乗り切り再建されたもので、限られた御浄財により当初計画を変更しつつも彫り物を配し、動植物等を描く天井絵をも飾るなどしてあります。ちなみに榮乗は明治を迎えると還俗して神主の資格をとり、寳登山神社の初代神主となりました。平成21年、御鎮座1900年記念事業によって御社殿を飾る二四孝の欄間彫刻を始め軒下の組み物・小壁などに彩色を施し、緑の杜のなか、荘厳なたたずまいである。

奥宮(おくみや)

第十二代景行天皇の皇子日本武尊が神霊を祀った宝登山山頂のゆかりの地に鎮座しています。5月2日(八十八夜)、尊の登山に倣い神職氏子崇敬者は御供仕え、境内摂社日本武尊社から神輿をもって御神霊を奥宮にむかえ、奥宮祭が行われます。社前では神楽や奉納演武が催され神人共にこの日を祝い楽しみます。この祭りは山頂に咲くツツジから「ツツジ祭り」とも称され、秩父地方の農作業開始の目安ともなる日です。

宝玉稲荷神社(ほうぎょくいなりじんじゃ)

倉稲魂命(うかのみたまのみこと)を祀るお宮です。毎月15日にはお炊き上げ祭が、2月の初午には初午祭が行われます。

藤谷淵神社(ふじやぶちじんじゃ)

たくさんの神様がひと所にまつられています。御祭神は、

  • 伊勢大神(天照大神/あまてらすおおかみ・豊受大神/とようけのおおかみ)
  • 八坂大神(素戔嗚命/すさのおのみこと)
  • 野栗大神(野栗大神/のぐりのおおかみ)
  • 諏訪大神(建御名方神/たけみなかたのかみ)
  • 琴平大神(大国主命/おおくにぬしのみこと)
  • 熊野大神(伊弉冉命/いざなぎのみこと)
  • 榛名大神(埴山毘売命/はにやまひめのみこと)
  • 竃三柱大神/かまどみはしらのおおかみ(奥津比古命/おくつひこのみこと・奥津比売命/おくつひめのみこと・火産霊命/ほむすびのみこと)

明治時代まで、藤谷淵村(現在の長瀞町長瀞)の各所にあった8社の神社を,この地に遷座しておまつりしたためです。2月と10月の18日には春秋の祭りが、7月20日には八坂様の祭りが行われます。

神楽殿(かぐらでん)

神楽の本義は「神座」(かみくら)を設け、神を招き慰める為に舞楽を奏すことをいい、神楽殿には「神人和楽」の額を掛け、その本義を伝えます。例祭4月3日の他、歳旦祭1月1日、節分2月節分に奉奏されます。秩父地方には6系統の神楽があり、当社は秩父神社系を継承し町指定の文化財になっています。秩父系統の大きな特徴は舞の多くが神話を基づく黙劇で、神代神楽とも呼ばれます。また、神座が舞台奥の中央に設えられ、湯立神楽の要素(煮えたぎる湯を笹葉で周囲に振りかけ祓い浄める天鈿女命の舞)を有することから正面の欄干に羽釜を必ずつるし下げます。
詳しくはこちら

車おはらい所(くるまおはらいじょ)

交通安全祈願を申し込まれた方々の車輌をおはらいする所です。 本殿の祈願が終了したのみ、ここに車輌を入れて下さい。おはらいいたします。

相生の松(あいおいのまつ)

昭和天皇のご成婚を奉祝し、大正13年(1924)氏子の青年団が植えた黒松・赤松です。現在長瀞町指定の自然記念物で、樹木の傍らに「皇太子殿下ご成婚奉祝唱歌」碑が建っています。
昭和天皇香淳皇后のお仲睦まじく御長寿のお姿が偲ばれます。相共に寄り添う樹の姿から、また松の葉は枝を離れるまで共に一緒の姿から、「相共に長寿を願い、より良き縁が得られますよう」と願う御守あるいは相生の絵馬をお分かちいたします。

授与所(じゅよじょ)

伊勢の神宮大麻をはじめ、神社神札、家内安全、商売繁盛、火防盗賊除の神札参拝者の願いに応じた神札、お守りなどを授与する所です。係(神職)がお問い合わせに応じますので、お気軽にご相談の上、それぞれお心にあわせお受け下さい。

祈祷殿(きとうでん)

祈祷殿では結婚式の奉仕をはじめ皆様の幸せを願うお心の御祈祷をご奉仕いたします。
御本殿にて神事、祭事が執り進められる際は祈祷殿にて、御神徳が蒙られますことを祈ります。

玉泉寺(ぎょくせんじ)

永久元年(1113)の開基と伝え、地蔵菩薩を安置してます。神仏分離の後は別当を廃しましたが真言宗智山派に属しながら、神社とともに今に至ります。
今の社殿再建に尽力した榮乗が住職を務めた寺で、彼は寺の寺格を高めるためにも奮闘し、京都御室御所(仁和寺)と院下格の関係を結び菊紋の使用を許されるようになりました。
詳しくはこちら

山門(さんもん)

玉泉寺山門。「仁義」の扁額を掲げることから、「仁義門」ともいいます。

日本武尊社(やまとたけるのみことしゃ)

天満天神社

学問の神様である菅原道真公をおまつりしたお宮です。 初天神には、児童・生徒が集まり、書き初めなどを奉納して学業向上を願う祭典が行われます。

みそぎの泉(みそぎのいずみ)

日本武尊(やまとたけるのみこと)が東国平定の帰途、山ろくの泉で「みそぎ」をされ、ホド山に登られたと伝えられます。この泉は「玉の泉」とも称し、往時をしのぶよすがとしています。

招魂社(しょうこんしゃ)

明治・大正・昭和の戦役に応召し、国のために尊い命を捧げた長瀞町出身の人々がまつられています。春秋の彼岸には、戦歿者の功績を顕彰し、慰霊祭が行われます。

水神社(すいじんじゃ)

宝登山から湧き出る水の神をおまつりしたお宮です。 常に神の水が流れ出ており、御神水として受ける参拝者も見られます。

社務所(しゃむしょ)

祈願の受付やご参拝の皆様への総合案内所の役割を果たします。ご遠慮なくお立ちより下さい。

手水舎(てみずや)

神詣でのエチケット。「うがい手水(ちょうず)に身を清め」といい、手・口をすすぎ清め、「洗心」と掲げます様に心も浄め、神前では二拝二拍手一拝し、心静かな参拝を心がけます。
神社百科「ご参拝の手引き」

記念館(きねんかん)

皇紀2600年を記念して昭和15年着工。戦時下のため苦労の末、昭和17年竣工を見ます。現在は齋館として又、催しもの会場として利用しています。

参集殿(さんしゅうでん)

祭典終了後の直会をはじめ、団体参拝者の休憩所として供しています。

護摩堂(ごまどう)

玉泉寺の付属堂宇で三間四方の堂内には不動明王が安置され、仏事の折には護摩壇が組まれ護摩が焚かれます。

俳句の杜(はいくのもり)

当社の四季折り折り彩りをそえる自然豊かな神域には、現代俳句を牽引する金子兜太句碑をはじめ、句碑が建立されていることから「俳句の杜」とも呼ばれます。

宝登山神社 Google ストリートビュー

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る